/

この記事は会員限定です

米国は景気後退に入った? 論争過熱、判定に平均7カ月

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=高見浩輔、ニューヨーク=斉藤雄太】2022年1~6月にかけて2四半期連続のマイナス成長に陥った米国が、景気後退に入ったかどうか論争が起きている。政策失敗の烙印(らくいん)を恐れるバイデン米政権が、躍起になって否定しているためだ。景気後退入りの判定にかかる期間は過去の平均で約7カ月。11月に中間選挙を控え、議論は過熱している。

28日公表の4~6月期の米国内総生産(GDP、速報値)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン