/

この記事は会員限定です

米政権「50年脱炭素」に打撃 発電所規制、司法が制限

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】発電所の温暖化ガス排出を巡り、米連邦最高裁が連邦政府の規制権限を抑制した判断は、脱炭素を国内外に公約したバイデン政権に打撃となる。2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標は、発電部門の排出削減が前提だからだ。与野党の対立が激しい議会で、規制強化の機運は乏しい。

最高裁では「大気浄化法」を使って、政府が発電所の排出規制を進められるかが争われた。同法が成立した1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン