/

この記事は会員限定です

米政府の資金枯渇「10月18日以降に」 財務長官が表明

[有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋】イエレン米財務長官は28日、連邦政府の債務上限に関し「議会が10月18日までに上限を引き上げるか、適用を凍結しなければ(手元資金をやり繰りする)臨時措置を使い果たす可能性が高い」と表明した。「それ以降、米国が約束を果たし続けられるかどうか不明だ」として、デフォルト(債務不履行)のリスクを警告した。

イエレン氏は議会に対応を要請する書簡を公表した。政府資金の出入りは変動が大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン