/

この記事は会員限定です

米、国防費4%増 ウクライナ危機で伸び率拡大

対中抑止も 予算教書

[有料会員限定]

【ワシントン=坂口幸裕】バイデン米政権は28日に公表した2023会計年度(22年10月~23年9月)の予算教書で、国防費を22年度比4%増の8133億ドル(約100兆円)にするよう議会に求めた。最大の競争相手と位置づける中国への対応に加え、ウクライナに侵攻したロシアへの抑止力を強化するため要求額の伸び率が拡大した。

バイデン大統領はホワイトハウスで記者会見し「世界は変わった。テロ組織への対応に加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン