/

北米で記録的熱波 カナダは46.6度、干ばつや山火事懸念

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シアトル=大島有美子】米北西部やカナダの西部を記録的な熱波が襲い、各地で相次ぎ高温記録を更新する猛暑に見舞われている。カナダ・バンクーバー近郊のリットンでは27日に46.6度を記録し、カナダでの過去最高気温を84年ぶりに更新した。米ワシントン州やオレゴン州では大半の地域で高温警報が出ており、山火事や干ばつへの懸念も深まっている。

28日の朝8時半、米西海岸シアトルのホームセンター「ホーム・デポ」には簡易型のエアコンを買い求める客が相次いだ。客の男性は「耐えられない暑さだ。今すぐ必要だ」と話し、170ドル(1万9000円)ほどする簡易型エアコンを2台購入した。店員は倉庫の在庫から商品を出していたが、すぐ売り切れになるという。緯度が北海道より北のシアトルでは夏でも気温は20度程度で、一般家庭にはほぼ冷房がない。シアトル近郊在住の男性は「今日はショッピングモールで暑さをやり過ごす」と話す。

シアトルでは27日に40度と遡れる1945年以来で過去最高気温を記録。オレゴン州ポートランドでも40度超となった。同地域を高気圧が覆い、その縁に沿って暖かい空気が流れ込んでいるという。米国立気象局(NWS)は「極めて危険で生命を脅かしうるレベル」として28日までに、同地域に高温警報を出している。カナダ環境省も「持続的で、危険で、歴史的な熱波」が数日続くとしている。

米CNNによると、警報の対象地域に住む住民は2000万人に上る。カナダではバンクーバー地域での多くの小学校などが28日、熱波により休校となった。ワシントン州では自治体やNPO(非営利法人)が設けた住民のための熱波からの避難スペースにおいて、屋内の収容人数を50%とする新型コロナウイルス対策の制限を一時的に撤廃した。

20年夏にはカリフォルニア州で、熱波に伴う大規模な山火事が発生した。地元当局からは「山火事が起きやすくなるほか、干ばつが深刻になる可能性が高まる」との警告が発せられている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン