/

この記事は会員限定です

変異ウイルス、世界で猛威 ペルー起源の「ラムダ株」も

(更新) [有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】世界で新型コロナウイルスの感染が再拡大する懸念が強まっている。アジアやロシアなどでインド型(デルタ株)が広がる一方、中南米ではペルーやブラジルを起源とするウイルスが拡大している。感染力が強い変異ウイルスに対し、各国・地域はワクチン接種の促進とともに水際対策の強化に乗り出している。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計では、新規感染者数(7日移動平均)は4月下旬の82万人をピークに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン