/

この記事は会員限定です

米国株式市場、消費銘柄の強さは本物か(NY特急便)

米州総局 竹内弘文

(更新) [有料会員限定]

28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前週末比497ドル(1.4%)安の3万3849ドルで終えた。中国で広がる社会不安が米株市場にも波及して重苦しい雰囲気が漂うなか、量販店やネット通販などの銘柄は比較的底堅かった。

感謝祭休暇を終えて多くの市場参加者が戻ってきたこの日、市場の関心は中国に向いた。新型コロナウイルスの感染拡大を徹底的に封じ込める政策に対する市民の抗議活動は、前週末に中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません