/

ベラルーシ、ロシア支援へウクライナに派兵 米メディア

【ワシントン=坂口幸裕】ウクライナの隣国ベラルーシがロシアを支援するため、ウクライナに軍派遣を準備していることがわかった。米紙ワシントン・ポスト(電子版)が27日、米政府高官の話として伝えた。早ければ28日にも派兵を始める。

ロシアとベラルーシは急接近している。ロシアはウクライナ北部と国境を接するベラルーシに3万人規模の部隊を送り、侵攻の拠点の一つとした。米政府はロシア軍がベラルーシ国境から南下して首都キエフに進軍し、親欧米のウクライナ現政権の転覆を狙っているとの見方を示す。

ベラルーシはロシアによる核兵器配備の受け入れにも前向きな姿勢を示す。ベラルーシの国営メディアによると、ルカシェンコ大統領は17日、外部からの脅威に直面した場合、自国への核兵器配備を容認することもあり得るとの認識を示した。

27日には憲法改正の是非を問う国民投票を実施し、自国を非核地帯とする現行の条文の削除などを賛成多数で承認した。

バイデン政権は欧州の安全保障の脅威になると警戒を強めており、東欧諸国の防衛力強化につながる公算が大きい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン