/

この記事は会員限定です

FRB議長、利上げ減速示唆 景気後退回避は「道狭く」

[有料会員限定]

【ワシントン=高見浩輔】米連邦準備理事会(FRB)は27日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2会合連続となる0.75%の利上げを決めた。記者会見したパウエル議長は物価上昇を抑制し、かつ景気後退も回避する軟着陸(ソフトランディング)への道が「狭くなっている」と認めた。次回の9月会合以降は利上げペースの減速を示唆したが、インフレが収まらない不安にも言及した。

FRBは6月に約27年ぶりとなる0....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン