/

米国務省報道官がコロナ感染 ブリンケン氏は陰性

【ワシントン=中村亮】米国務省のプライス報道官は27日、ツイッターで新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。プライス氏はブリンケン国務長官の側近だが、国務省によるとブリンケン氏は27日午前の検査で陰性だった。

プライス氏は27日午前にコロナの症状が出たため、検査を受けて陽性と判明した。10日間の自主隔離に入った。ツイッターに「体調は優れないが、安全かつ効果的なワクチンが深刻な病気から守ってくれていることに感謝している」と書きこんだ。

プライス氏は先週、国連総会に出席するためブリンケン氏とともにニューヨークを訪れた。国務省のポーター筆頭副報道官は27日の記者会見でブリンケン氏に加え、訪問団からコロナの症状を訴えている者はいないと説明した。

ブリンケン氏が自主隔離を行うかどうかについて、ポーター氏は「ブリンケン長官は定期的な検査を受けている」と述べるにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン