/

中国の極超音速兵器「非常に懸念」 米軍制服組トップ

【ワシントン=中村亮】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は中国が夏に極超音速兵器の実験を実施したと認めた。「とても大きな出来事だ。非常に懸念している」と危機感を表明した。

ミリー氏がブルームバーグテレビのインタビューに応じ、27日に内容が公開された。旧ソ連は1957年に世界初の人工衛星「スプートニク1号」を打ち上げ、先を越された米国で衝撃が広がった。ミリー氏は中国の実験について「それにとても近い」と述べ、中国の軍事技術の向上に驚きを隠さなかった。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、中国は8月に地球のどこでも攻撃できる極超音速兵器を実験した。核弾頭を搭載できるという。

国防総省のカービー報道官は27日の記者会見で「地域の緊張緩和に寄与しない中国の幅広い戦力の向上に懸念を示してきた」と話した。「それらの戦力は中国の国益に従うよう周辺国を脅したり、威圧したりする外交や防衛政策と組み合わさる」と指摘。中国が強力な軍事力をテコに周辺国へ影響力を高めると警戒を強めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン