/

この記事は会員限定です

脱炭素が迫る米EVシフト 政策再び転換

バイデン政権100日(3)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「我々はもう、電気自動車(EV)への賭けについてヘッジすることはやめた」

4月27日、米フォード・モーターは中西部ミシガン州に1億8500万ドル(約200億円)を投じて車載電池の研究所を設立すると発表した。同社は投資負担が重い電池の自社生産に慎重だったが、開発責任者のハウ・タイタン氏は記者団にこう語り、将来の内製化を示唆した。

米環境保護局(EPA)によると、米国の温暖化ガス排出の約3割を自動車な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン