/

この記事は会員限定です

ボーイング787、苦難の10年 製造品質・コロナ禍で逆風

[有料会員限定]

ドリームライナーと呼ばれ米ボーイングの稼ぎ頭と期待された787が市場に投入され10年。ANAホールディングスが大量に導入したほか、機体の35%を三菱重工業川崎重工業、スバルなど日本企業が製造する。受注機数は1400機を超えたが、電池の不具合や新型コロナウイルス禍とその道のりは平たんではなかった。足元でも製造品質問題を抱え、難路が続いている。

787は炭素繊維をふんだんに使って軽量化に成功し、従来機より燃費性能を2割向上させた。新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン