/

濱口監督「君がオスカーか」 邦画13年ぶりアカデミー賞

(更新)

【ロサンゼルス=佐藤浩実】喪失と再生の物語を描いた静かな邦画が米映画界に認められた。27日(日本時間28日)発表の第94回米アカデミー賞で、「ドライブ・マイ・カー」が国際長編映画賞を受賞した。「君がオスカーか」。濱口竜介監督は感激した様子でオスカー像をまじまじと見つめた。日本映画の受賞は13年ぶりの快挙となる。

国際長編映画賞の候補作品は、映画俳優のシム・リウさんから紹介された。受賞が決まった瞬間、濱口監督は主演の西島秀俊さんや岡田将生さんと抱き合い、ステージへ。「ここに導いてくれたアカデミーの全ての会員に感謝します」と英語で話して視線を向けると、会場は歓声と拍手に包まれた。

濱口監督は「役者さんたちにお礼を言いたい」と話し、満面の笑みを浮かべた。西島さんや霧島れいかさんら会場にいるキャスト全員の名前を一人ひとり挙げ、日本語で「おめでとうございます」と拳を突き上げた。その後、映画でカギとなる運転手役を務めた三浦透子さんら授賞式に参加できなかった俳優陣に言及。「三浦さん、取りました」と叫び、オスカー像を掲げた。

授賞式会場となるハリウッドのドルビーシアター前には、レッドカーペットが敷かれ、続々登場するスターの様子をテレビが生中継した。濱口監督は「圧倒されています。レッドカーペットはこんなに広いものなんだ」と驚いた様子だった。新型コロナウイルス禍の影響で、昨年はロサンゼルス市中央部のユニオン駅が特設の主会場に。今年は2年ぶりの例年会場での開催となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン