/

米フォードの7~9月、純利益23%減 半導体不足は緩和

(更新)

【ニューヨーク=中山修志】米フォード・モーターが27日発表した2021年7~9月期決算は、純利益が前年同期比23%減の18億ドル(約2000億円)だった。売上高は同5%減の356億ドル。半導体不足に対応して4~6月期に生産調整に着手したことで、7~9月の生産への影響はライバルの米ゼネラル・モーターズ(GM)に比べて限定的だった。

卸売りベースの世界販売台数は14%減の101万台だった。北米市場で16%減、欧州でも9%減となったが、7~9月の世界販売が44%減少したGMに比べて下落幅は3分の1にとどまった。北米を中心に大規模な減産に踏み切った4~6月期の販売実績からは32%上向いた。

ジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)は「サプライチェーン(供給網)をうまく管理し、短期間で半導体の調達を改善することができた」と述べた。年末にかけて半導体不足の影響がさらに緩和するとの見方から、12月期通期の調整後EBIT(利払い・税引き前利益)の見通しを従来予想の90億~100億ドルから105億~115億ドルに引き上げた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません