/

この記事は会員限定です

米投資家「アベノミクス後」探る 円安よりROE改善を

Foresight  米運用会社・ヘッジファンドの投資責任者に聞く

(更新) [有料会員限定]

米投資家の間で日本株への関心がなかなか高まらない。安倍晋三元首相の掲げた「アベノミクス」による海外マネーのひき付けは一時的にとどまり、足元の急速な円安・ドル高が輸出企業の業績を改善させそうな点も買い材料視されていないようだ。米有力運用会社の最高投資責任者(CIO)やヘッジファンド創業者に日本株に対する見方を聞いた。

「新しい資本主義」、米投資家の理解進まず

根津アジア・キャピタル・マネジメント創業者 デービッド・スノーディ氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン