/

ロシア凍結資産を没収、ウクライナ被害者に カナダ検討

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=大島有美子】カナダのジョリー外相は27日、同国政府が対ロシア制裁で凍結した個人や団体の資産を没収し、ウクライナ侵攻の被害者補償にあてるための措置を検討していることを明らかにした。侵攻に踏み切ったロシアの責任を明確にして制裁による圧力を高めると同時に、ウクライナ支援を強化する新たな手法を模索する。

ジョリー氏は「制裁対象者の資産を凍結するだけでなく、没収し、その分を被害者への補償に回せるように動いている」と声明で述べた。ウクライナの被害者への支援や、壊された建物の再建などに利用できるようにする。こうした試みは主要7カ国(G7)で初めてという。ジョリー氏は「ロシアの政権に圧力をかけるために、我々ができることの一つだ」と話した。

カナダメディアによると、同措置をカナダの予算法案に盛り込んでおり、今夏までにカナダ議会が可決する見通しだ。カナダには、ロシアのオリガルヒ(新興財閥)の資産が「相当な量ある」(ジョリー氏)。米国や欧州などにオリガルヒの資産が多くあるとして、カナダはG7の各国にも同様の措置を取るよう働きかけているという。

カナダ政府は27日、ロシア軍がウクライナ東部ドンバス地方への攻勢を強めていることを非難し、同地域の親ロ派の個人203人に対して制裁を科すと発表した。対象者の資産を凍結する。ロシアが一方的に「独立」を承認したドネツク州とルガンスク州の政府高官などを対象とした。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン