/

この記事は会員限定です

ウォルマート、DXで早変わり

1500店からタワー撤去 ロボ集約型に

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな、河内真帆】小売り最大手の米ウォルマートが、デジタルトランスフォーメーション(DX)戦略で素早い方針転換を見せている。約1500店に導入した戦略設備をあっさり放棄。1.5兆円を投じ5分以内に商品袋詰めをする設備やライブ通販に力を入れる。新型コロナウイルス禍で変わった消費者ニーズを直視し、DXに磨きをかける。

ウォルマートの2021年2~4月期決算は西友株の売却費用などで純...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン