/

Apple29%増益 10~12月、売上高は初の1000億ドル超

(更新)
iPhoneの販売がけん引し、アップルの10~12月期売上高は1000億ドルを超えた=ロイター

【シリコンバレー=佐藤浩実】米アップルが27日発表した2020年10~12月期決算は売上高が前年同期比21%増の1114億3900万ドル(約11兆5970億円)だった。四半期売上高が1000億ドルを超えるのは初めて。新機種を出した「iPhone」の販売額が過去最高となったほか、在宅勤務の浸透でパソコン「Mac」やタブレット「iPad」なども伸びた。純利益は29%増の287億5500万ドルだった。

iPhoneの売上高が17%増の655億9700万ドルとなり、全体をけん引した。アップルは高速通信規格「5G」に対応する「12」シリーズを20年10月下旬から順次発売した。19年と比べて1カ月あまり遅い投入だったが、カメラ性能に優れる高価格帯の「Pro」や「Pro Max」が予想を上回る売れ行きだったという。

Macは21%増の86億7500万ドルだった。新型コロナウイルス下でパソコン需要が旺盛なほか、アップルは20年11月に自社開発のCPU(中央演算処理装置)を使うノートパソコンを発売して買い替え需要も取り込んだ。iPadは41%増の84億3500万ドル、腕時計型端末「Watch」など周辺機器部門は30%増の129億7100万ドルだった。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は決算会見で「世界で使われているiPhoneの数は10億台を超えた」と明かした。Macなども合わせると、アップル製品の稼働台数は16億5000万台にのぼるという。端末の利用増加に伴い、アプリ配信の手数料収入や音楽配信といったサービス部門の売上高は24%増の157億6100万ドルとなった。

地域別の売上高は香港と台湾を含む中華圏が213億1300万ドルとなり、前年同期比で57%の大幅増となった。中華圏の増加は2四半期ぶりで、5G対応のiPhoneが好調だったという。新機種発売前の20年7~9月期に生じた「買い控え」の反動増もあったもようだ。全体の約4割を占める米州の売上高は12%増の463億1000万ドルだった。

27日の時間外取引でアップルの株価は終値を下回って推移している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン