/

この記事は会員限定です

対タリバン、迫られる難しいかじ取り オバマ元政権高官

ローレル・ミラー氏

[有料会員限定]

オバマ元米政権でアフガニスタン・パキスタン問題担当特別代表代行を務めたローレル・ミラー氏 バイデン米大統領による米軍撤収の判断は、タリバンのアフガニスタン支配は望ましくはないが、容認できないことではないとの考えを反映したものだ。一方でタリバンの権力掌握に伴う混乱と批判を受けて、米政権が今後、タリバンに対して厳しい姿勢を取ることが予想される。

米軍撤収発表後のシナリオは内戦か、アフガン政府の急速な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン