/

パイプライン意図的損傷の疑い 欧州はロシア関与を示唆

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【フランクフルト=林英樹】ロシア産の天然ガスを欧州に供給する海底パイプライン「ノルドストリーム」と「ノルドストリーム2」で見つかった損傷について、デンマークのフレデリクセン首相は27日、「損傷は3カ所で偶発的なものとは考えにくい」と述べた。欧州各国はロシアによる意図的な破壊工作の可能性があるとみて警戒を強めている。

パイプラインの損傷はデンマーク海域で2カ所、スウェーデン海域で1カ所見つかった。AFP通信によると、スウェーデン国立地震センターが26日、ノルドストリーム近くで2度の「大規模な振動」を観測。専門家は「爆発であるのは間違いない」としている。

損傷カ所に近いデンマークの離島でも、ドイツの地球科学センターが同様の揺れを観測している。26日からパイプライン内部のガス圧力が急速に低下した。

こうした状況から欧州各国の首脳は意図的な損傷の疑いを強めている。ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問はツイッターで「ロシアが計画したテロ攻撃で、欧州連合(EU)に対する侵略攻撃だ」と非難した。ポーランドのモラウィエツキ首相も同様にロシアの関与を示唆した。

フォンデアライエン欧州委員長は27日、「欧州のエネルギーインフラに対する意図的な混乱は容認できず、可能な限り強力に対応する」と述べたうえで、原因究明の調査が最も重要だと強調した。

デンマークのエネルギー当局などによると、2本のパイプラインに3カ所の大きな穴が空いているのを確認したという。ノルドストリーム2から漏れたガスの気泡は直径約1キロメートルに及んでいる。

ロシアは6月以降、ノルドストリームを介したガス供給量を大幅に削減し、タービン設備の保守作業などを理由に、8月末から完全に止めている。2021年秋に完成したノルドストリーム2は、ウクライナ侵攻を受け、ドイツ政府が稼働開始を見送った。

現在、パイプライン内に残っていたガスが漏れているが、数日~1週間で止まる見通しだという。ノルドストリームの運営会社はメタンは水に溶けるため環境への悪影響はないとしている。

パイプラインの損傷を受け、欧州市場の天然ガス指標となるオランダTTFは27日、10月渡しの取引で一時、1メガワット時あたり221ユーロ(約3万700円)を超え、前日と比べ2割超上昇した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン