/

Microsoft、47%増益 クラウド基盤「Azure」拡大続く

(更新)
売上高・純利益ともに過去最高を更新した

【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトが27日発表した2021年4~6月期決算は売上高が前年同期比21%増の461億5200万ドル(約5兆650億円)だった。企業によるクラウドサービスの採用拡大が続き、18四半期連続の2桁成長となった。純利益は同47%増の164億5800万ドルで、売上高とともに過去最高を更新した。

ネットワーク経由で演算能力を提供する「Azure(アジュール)」や業務ソフトをまとめた「Office365(企業向け)」といったクラウド関連事業の売上高は36%増の195億ドルだった。アジュールの伸び率が5割を超えたほか、米セールスフォース・ドットコムなどと競合する顧客情報管理(CRM)サービスの採用が進んだ。クラウド事業が売上高全体に占める比率は42%に達した。

出勤と在宅勤務を組み合わせる働き方の広がりも、クラウドの継続成長を後押しした。マイクロソフトによれば、職場向けアプリ「Teams(チームズ)」の月間利用者は2億5000万人に迫るという。サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は決算会見で「ハイブリッドワーク(への移行)という大きな変化により、新しいやり方が必要になっている」と話した。

一方、パソコンメーカー向けの「Windows(ウィンドウズ)」の販売額は前年同期を3%下回った。部品不足によって顧客のパソコン出荷が停滞したのが一因だ。業績への影響は軽微だが、27日の時間外取引で株価が一時3%下落する要因となった。マイクロソフトは6月に新基本ソフト(OS)の「ウィンドウズ11」を発表し、21年冬から一般提供を始める計画を公表している。

4~6月期はマイクロソフトの第4四半期にあたる。21年6月期の通期売上高は前の期比18%増の1680億8800万ドル、純利益は38%増の612億7100万ドルだった。16年に買収したビジネスSNS(交流サイト)「LinkedIn(リンクトイン)」の年間売上高が初めて100億ドルを超えたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン