/

Apple、4~6月は36%増収 5G対応iPhoneが好調

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
MacやiPadについては半導体不足の影響が出た(米ロサンゼルス市内の直営店)=ロイター

【シリコンバレー=白石武志】米アップルが27日発表した2021年4~6月期決算は売上高が36%増の814億3400万ドル(約8兆9300億円)、最終利益が1.9倍の217億4400万ドルだった。高速通信規格「5G」の本格普及に伴って主力商品であるスマートフォン「iPhone」の買い替えが進み、売上高と最終利益はいずれも4~6月期として過去最高を更新した。

売上高全体の約5割を占めるスマートフォン「iPhone」部門の売上高は50%増の395億7000万ドルだった。20年秋に発売した5G対応機種「12シリーズ」の販売が好調だった。世界的な半導体不足が車・電機産業の生産に打撃を与えているが、アップルはiPhoneの主な半導体については台湾積体電路製造(TSMC)と長期の生産委託契約を結んでおり、4~6月期については影響は限定的だったもようだ。

遠隔学習向けに人気のタブレット端末「iPad」部門は12%増の73億6800万ドル、20年秋から一部機種で独自開発半導体「M1」の搭載を始めたパソコン「Mac」部門は16%増の82億3500万ドルだった。在宅需要が旺盛な両製品は1~3月期には前年同期比で70%を超える伸びを記録していたが、4~6月期は半導体不足の影響で供給に制約が生じて減速した。半導体不足に伴う逸失売上高は全体で30億ドル弱だったという。

腕時計型端末「Watch」など周辺機器部門は36%増の87億7500万ドル、新たな収益源と位置づけるアプリ販売や音楽・動画配信などサービス部門の売上高は33%増の174億8600万ドルだった。

4~6月は5G対応iPhoneの販売が好調だった(米ロサンゼルス市内のアップル直営店)=ロイター

地域別の売上高では香港と台湾を含む中華圏の伸びが大きく、58%増の147億6200万ドルだった。スマホ市場で競合する中国・華為技術(ファーウェイ)が米国政府による半導体輸出規制の影響で失速するなか、アップルは5G対応によってiPhoneの販売を伸ばしたとみられる。

アップルは先行きの不透明感を理由に業績見通しを示さなかったが、27日に開いたアナリスト向けの電話会見でルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は7~9月期には半導体不足の影響がiPhoneにも及び、逸失売上高は4~6月期の30億ドル弱よりも「大きくなる」との見通しを示した。全体の売上高は7~9月期も2桁の伸びが続くものの、伸び率は4~6月期(36%増)を下回る見込みだという。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

5Gとは
現行の「第4世代(4G)」の最大100倍の速さの次世代通信規格。毎秒10ギガ(ギガは10億)ビットの最高速度はアナログ方式だった1980年代の第1世代の100万倍。2時間の映画を3秒でダウンロードできる。米国と韓国の通信大手が世界に先がけて商用サービスを始めた。

1Gから4Gへの進化は主に速さの向上だった。5Gは「多数同時接続」「超低遅延」という特徴が加わる。たとえば自宅で約100個の端末やセンサーを同時にネット接続できる。利用者が通信の遅れを意識することは格段に減る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン