/

この記事は会員限定です

バイデン政権、「スマホ修理の権利」支援 競争を促進

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=中山修志、シカゴ=野毛洋子】米国で、製品を販売するメーカー以外でも製品の修理ができる「修理する権利」の議論が高まっている。スマートフォンなどの修理をメーカーが囲い込み、利用者の負担が増しているとの指摘がある。バイデン政権は巨大IT(情報技術)企業への規制強化に乗り出しており、修理についても競争促進を求めている。

米連邦取引委員会(FTC)は7月下旬、メーカーが消費者や外部業者の機器...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン