/

この記事は会員限定です

米中首脳会談、「対ロ支援の見解ただせ」 元米国務次官

[有料会員限定]

米中両国はバイデン大統領と習近平(シー・ジンピン)国家主席の初の対面での会談を11月に実現する可能性を探る。台湾海峡危機への懸念が強まるなか、米中首脳が直接会う意義などについてロバート・ホーマッツ元米国務次官に聞いた。

――11月にインドネシアで開く20カ国・地域首脳会議(G20サミット)などの国際会議に合わせてバイデン、習両首脳が対面で会談する案が有力です。

「首脳が直接、時間をかけて地域や世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン