/

核廃絶へ「目を覚まそう」 オノ・ヨーコさん訴え

オノ・ヨーコさんは核兵器廃絶をツイッターで訴えた=ロイター

【ニューヨーク=共同】「『ノーモア・ヒロシマ・ナガサキ』という被爆者の警告が、今ほど重要だったときはない」。ビートルズの元メンバーで1980年に凶弾に倒れたジョン・レノン=当時(40)=の妻オノ・ヨーコさん(88)は26日、核兵器廃絶に向け「目を覚まそう。一緒にやろう」とツイッターで訴えた。

レノンの故国、英国が核戦力を増強する方針を示し、北朝鮮が弾道ミサイルを発射するなど、核軍縮に逆行する国際社会に警鐘を鳴らした。

オノさんは、太平洋戦争中の自らの体験や広島・長崎への原爆投下、被爆者の苦しみに言及し「なぜ、最も危険だと分かっている兵器の製造を続けるのか。その爆弾を使うために製造しているのだとしたら、狂気の沙汰だ」と強調した。

その上で「私たちの星をさらに破壊するのでなく、浄化し、癒やそう。破壊の機械をつくることでまた1日を無駄にしないようにしよう。私たちにチャンスを」と呼び掛けた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン