/

出生性別が競技参加条件 米テネシー州、反発も

【ニューヨーク=共同】米南部テネシー州のリー知事は26日、州内の中・高校の体育競技について、参加資格は出生時の性別に基づくとする州法案に署名、同法は成立した。米メディアが伝えた。心と体の性が異なるトランスジェンダーの生徒を事実上排除する内容で、人権団体などから反発の声が出ている。

リー氏は「女性競技者による公平な競争を保障するためだ」と説明している。

今月に入り、同種の州法が南部のアーカンソーやミシシッピなど共和党知事の州で相次いで成立している。民主党のバイデン政権がトランスジェンダーの政府高官を任命するなど性的少数者(LGBTQ)の権利拡大を図っていることへの反発が背景にあり、約20の州議会で「トランス禁止」立法化の動きがある。

ミシシッピ州のリーブス知事は「生物学的に男の選手と競うことを強いられる若い女性選手を守るためだ」と理由を話している。

一方、トランスジェンダーの子どもを持つ親らは「子どもの機会を奪う」と反発。人権団体の全米市民自由連合(ACLU)テネシー支部は、法案について「差別的で憲法違反だ」と批判、法案の撤回を求めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン