/

フィジーがIPEF参加、14カ国に拡大 中国に対抗

【ワシントン=鳳山太成】米ホワイトハウスは26日、太平洋島しょ国のフィジーが米国主導の新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」に参加すると発表した。参加国は14カ国に増える。太平洋の島しょ国と関係を深める中国に対抗する。

サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は声明で、フィジーが太平洋島しょ国で初めての参加国になると指摘したうえで「IPEFはインド太平洋の全地域の多様性を反映することになる」と意義を強調した。

太平洋の島しょ国では米中のせめぎ合いが激しくなっている。中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は26日にソロモン諸島を訪れ、今後10日間かけて島しょ国を回る。フィジーのIPEF参加は、中国がこの地域で影響力を強めようとする真っただ中での発表となった。

IPEFはバイデン大統領が23日に日本で始動を表明し、日本や韓国、インド、東南アジア諸国などが参加。インド太平洋で台頭する中国に対抗し、貿易やサプライチェーン(供給網)などで緩やかな経済連携を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン