/

この記事は会員限定です

バイデン氏「署名拒否」撤回、超党派合意巡り失言

[有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋】バイデン米大統領が超党派で合意したインフラ投資法案をめぐり、自身の「失言」の対応に追われている。インフラ投資法案を子育てや教育の支援法案との「2頭立て」として、議会が同時可決しなければ法案への署名を拒否するとした自身の発言を「拒否権行使の脅しをかけている印象を与えた」として撤回した。

バイデン氏は24日に上院議員の超党派グループと1.2兆ドル(約130兆円)のインフラ投資法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン