/

この記事は会員限定です

米経済、年末へ回復試す 需要増に供給制限の影

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米商務省が28日発表した2021年7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は景気の減速感がにじむ内容となった。米経済のけん引役である個人消費の回復に急ブレーキがかかり、新型コロナウイルスの影響を受けやすいサービスだけでなく、旺盛だったモノの消費にも陰りが出た。秋以降に消費は勢いを取り戻しつつあるが、供給制約やインフレの長期化が足を引っ張る懸念もあり、米景気の回復力が試される。

米経済はコロナの影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン