/

米マクドナルド10~12月、純利益19%増 コスト増重荷

【ニューヨーク=河内真帆】米マクドナルドが27日発表した2021年10~12月期決算は、純利益が前年同期比19%増の16億3800万ドル(約1887億円)だった。人手不足に伴う人件費の増加や素材価格の高騰で営業コストが14%増加し、利益水準は市場予測を下回った。

売上高は13%増の60億900万ドルで、市場予測をやや下回った。全世界の既存店売上高は12.3%増と、過去2年間の伸びの平均(10.8%増)を上回った。主力の米国市場での既存店売上高は7.5%増だった。値上げによる平均購入単価の上昇や優良顧客へのサービス強化が増収に寄与したという。

海外事業は欧州や日本、中南米が好調だった半面、中国市場が苦戦した。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大で中国政府が店舗運営を制限したことなどが響いた。

クリス・ケンプチンスキー最高経営責任者(CEO)は27日の決算説明会で、22年についても「各国のコロナ規制に不透明感がある。人手不足や物流混乱、物価上昇圧力による影響は続くだろう」と述べた。

マクドナルドは22年通期に22億~24億ドルの設備投資を見込む。うち40%を米国内の店舗改装に充てるほか、半分ほどを全世界の新規出店に利用する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン