/

Apple、米国で時給2800円に 店舗で労組結成の動きも

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=佐藤浩実】米アップルが米国の店舗などで働く従業員の最低時給を22ドル(約2800円)に引き上げることがわかった。26日までに複数の米メディアが伝えた。インフレが続くなか、賃金を上げることで人材確保につなげる。待遇改善を求めて店舗で広がる労働組合結成の動きに対処するねらいもあるようだ。

報道によれば「アップルストア」で働くスタッフの時給は22ドルからとなり、4月時点で公表していた20ドルから2ドル上がる。2018年の水準と比べると45%の上昇だという。このほど、給与に充てる予算を増やす方針を従業員に伝えた。アップルの店舗は米国内に約270あり、地域の賃金相場に応じてさらに増やす場合もある。

時給引き上げの背景にあるのは長期化するインフレだ。米労働省によれば、4月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年同月比8.3%だった。食品やガソリンといった生活必需品の価格が上がるなかで、労働市場の逼迫も続く。働き手を集めるために賃上げする企業も増えており、アトランタ連銀が算出している賃金上昇率は4月に6.6%となった。

働き手の間ではさらなる待遇改善を求める動きが広がる。アップルではニューヨーク市など一部の店舗で、最低時給30ドルを実現するため労組の結成をめざす従業員が出てきた。同市にあるアマゾン・ドット・コムの物流施設では4月に初の労組結成が決まり、同様の動きはスターバックスなどにも及ぶ。

アップルは労組に否定的な立場をとっており、時給の引き上げといった対策を通じて従業員を懐柔するねらいとみられる。アップルからの回答は得られていない。

このほか、アップルは時給制でない従業員の報酬も引き上げるもようだ。米IT(情報技術)企業ではマイクロソフトなども給与に充てる予算を増やす方針を明らかにしている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン