/

この記事は会員限定です

FRBより先にインフレ対応する投資家(NY特急便)

米州総局 伴百江

[有料会員限定]

26日の米株式相場は小幅上昇し、ダウ工業株30種平均は前日比10ドル高で終えた。新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、経済活動が正常化するとの期待から株が買われる一方で、機関投資家の間では最高値圏で推移する相場に対する高値警戒感も強い。ファンドマネジャーの間では〝インフレ対応〟を急ぐ向きも多い。

米連邦準備理事会(FRB)の政策は遅行指標でしかない――。米資産運用会社リチャード・バーンスタイン・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン