/

米、夏までに全国民にワクチン バイデン氏が新目標

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は26日、夏までに約3億人の米国民全員に新型コロナワクチンを供給する新たな目標を発表した。メーカーから2億回分を追加購入するなど計画を見直した。感染力の強い変異種の広がりにより感染拡大の懸念が強まるなか、ワクチンを使って収束を急ぐ。

ホワイトハウスで新たな計画を発表した。米ファイザーと米モデルナからそれぞれ1億回分ずつを追加購入する。連邦政府は計4億回分を確保していたが、同6億回分に増える。バイデン氏は「夏の終わりか秋の初めまでに3億人の米国人すべてに接種するのに十分な量だ」と強調した。両社のワクチンは1人2回接種する。

バイデン氏はトランプ前政権から引き継いだワクチン供給計画に関して「想定していたよりもひどかった」と酷評した。新政権が見直した新たな計画によると、各州・地域に供給するワクチンを今後3週間かけて週860万回分から最低でも同1000万回分のペースに引き上げるという。

ワクチンの向こう3週間の供給量を予測してあらかじめ開示し、地方政府が効率的に接種の計画を立てられるようにする方針も明らかにした。

新政権の狙い通りにワクチンの供給や接種が進むかどうかは見通せない。米疾病対策センター(CDC)によると、26日までに4439万回分を供給し、1990万人が1回目の接種を受けた。バイデン氏はワクチンの関連企業に大統領権限で増産を命じるなどの施策を打つ構えだが、メーカーの供給能力には制約がある。

バイデン氏は大統領就任100日後の4月末までに1億回分のワクチンを投与する目標も掲げている。夏までに感染拡大が止まる「集団免疫」にメドをつけたい考えだが、変異種も広がり、当面は事態が悪化すると見通している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン