/

この記事は会員限定です

米国株、目線は経済急回復の「先」に(NY特急便)

米州総局 野村優子

[有料会員限定]

26日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は小反落し、終値は前週末比61ドル(0.2%)安の3万3981ドルだった。新型コロナウイルスのワクチン接種が急ピッチで進んだことで、買い物や旅行、映画などの個人消費をはじめとした需要の急回復が顕著になってきた。経済回復が着実に進む一方、ピークアウトや後退への懸念もじわりと広がりはじめている。

米疾病対策センター(CDC)によると、所定回数のワクチン接種を終...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン