/

この記事は会員限定です

カナダで第2の日本食ブーム アジア系移民が後押し

米州総局 大島有美子

[有料会員限定]

カナダで日本食の人気が高まっている。最大都市トロントで開かれた飲食店向けの展示会に、日本政府が15年ぶりに出展した。日系のみならず、現地のレストランも食材への関心を高める。隣国の米国と比べ市場が小さく、見過ごされがちだったカナダ。ここ数年で超高級の和食から居酒屋、菓子店まで相次ぎ新店を構える。和食が根付いた背景には何があるのか。

5月上旬、トロントのイベント会場「RC(レストランツ・カナダ)ショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン