/

米メルク飲み薬、有効性低下 入院・死亡リスク3割減に

(更新)

【ニューヨーク=野村優子】米製薬大手メルクは26日、開発する新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」について臨床試験(治験)の最終分析で、入院と死亡のリスクを30%減少させることが確認されたと発表した。10月に公表した中間分析では50%減少させるとしており、有効性が低下した。

モルヌピラビルは、メルクと米新興リッジバック・バイオセラピューティクスが共同開発した。当初公表していた中間分析は775人の治験参加者のデータを基にしていたが、最終分析は1400人超のデータを基にしている。

治験参加者のおよそ半分にモルヌピラビル、半分にプラセボ(偽薬)を12時間おきに5日間投与した。入院または死亡した人の割合は、プラセボを投与したグループは9.7%で死者が9人だったのに対して、モルヌピラビルを投与したグループは6.8%で死者は1人だった。

モルヌピラビルはすでに英国で承認されており、米国では30日に米食品医薬品局(FDA)が承認を審議する第三者委員会を開く予定だ。FDAは最終分析を踏まえ、26日に公表した文書で「全ての治験参加者の結果を考慮して、リスクと利益の評価を続ける」と述べた。

新型コロナの飲み薬は米製薬大手ファイザーも開発しており、FDAに緊急使用許可を申請済みだ。11月上旬に、入院と死亡リスクを約9割減少させるとする治験データを公表している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン