/

台風8号、東北に上陸恐れ 五輪への影響見極め

黄円の範囲は風速15メートル毎秒以上の強風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲

台風8号は27日、関東の東の海上を北寄りへ進んだ。同日夜の遅い時間から28日未明に東北に接近、上陸するとみられる。気象庁は、東北から関東甲信、北陸では大気の状態が非常に不安定になるとして、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を呼び掛けた。東北の太平洋側や関東では暴風や海上のしけ、高波にも注意が必要だ。台風は28日には日本海へ進み、温帯低気圧となる見通し。

東京五輪では27日夜、宮城県利府町を会場に女子サッカーが有観客開催予定となっており、大会組織委員会は台風の影響を見極める方針。

山形新幹線の福島―新庄間は夕方以降の計画運休が決まっており、28日午前も見合わせる可能性がある。

気象庁によると、28日午前6時まで24時間の予想雨量は多い所で、東北200ミリ、関東甲信と北陸100ミリ。その後の24時間に東北や北陸で50~100ミリ。28日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は東北、関東20メートル(30メートル)。波の高さは東北6メートル、関東5メートル。

台風8号は27日午前3時現在、千葉県銚子市の南東約250キロを時速約25キロで西南西へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカルで、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。中心の北東側600キロ以内と南西側390キロ以内は風速15メートル以上の強風となっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン