/

FRB副議長「国際決済で指導的役割を」 デジタルドル巡り

【ワシントン=高見浩輔】米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード副議長は26日、デジタルドルと呼ばれる中央銀行デジタル通貨(CBDC)について「(新たな)クロスボーダー取引の基準を決定するテーブルにつき、指導的役割を果たすことが非常に重要だ」と述べた。発行について前向きな考えを示唆した。

米下院金融サービス委員会の議会証言で語った。

ブレイナード氏は「(中国を含めた)ほかの国々が独自のデジタル通貨を発行するようになった今、米国がデジタル通貨を発行せずに同じような支配力を持ち続けられるかどうかを考えることは重要だ」と疑問を呈した。「(基軸通貨という)ドルの世界的な地位を当然視することはできない」とも強調した。

議員からは銀行業への影響を心配する声が出たが、ブレイナード氏は「すでにモバイル決済アプリの普及で消費者は銀行口座を使わない決済に移っている」と説明した。デジタルドルに金利を付けないことで銀行口座との差別化ができるという考えも改めて示した。銀行口座を作れない低所得層に金融サービスを提供したり、決済に関わる民間の技術革新を促したりするメリットにも言及した。

FRBは1月、デジタルドルの可能性や懸念事項について包括的にまとめた報告書を公表した。20日まで募集した一般からの意見について近く公表する。バイデン米大統領は3月、デジタル資産の技術革新を促す大統領命に署名した。

実際にデジタルドルを発行するかどうかは米議会での議論も含めて今後の判断になる。ブレイナード氏は「金融システムの変化は早く、5年後を見通すのは非常に難しい。だが、そこまで待てば、実際に(デジタルドルを)ブランド化できるのはさらに5年後になる」と話し、意思決定が遅れることへの懸念をにじませた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン