/

この記事は会員限定です

バイデン政権、食肉競争促進に300億円 農家を支援

(更新) [有料会員限定]

【シカゴ=野毛洋子】バイデン米政権は26日、食肉業界の競争促進策の一環として新たに2億4000万ドル(約300億円)を投じると発表した。独立系企業を支えて大手との競争を促し、牛肉などの価格抑制につなげる。鶏肉加工大手への規制も強化する。食肉加工大手の寡占を問題視し、今年1月にも10億ドルを投じる競争促進策を発表したばかりだ。11月の中間選挙を前にインフレ対策や農家支援の姿勢を前面に出す狙いがある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン