/

米大統領、コロナ発生源で追加調査を指示 情報機関に

(更新)

【ワシントン=永沢毅】バイデン米大統領は26日、新型コロナウイルス発生源の解明に向けた追加調査と90日以内の報告を米情報機関に指示した。現時点で①動物から人間に感染②中国のウイルス研究所からの流出――の2つの可能性があると指摘し、結論を得るよう求めるとともに中国の協力も訴えた。

世界保健機関(WHO)が3月にまとめた報告書は動物から感染した可能性が最も高いと結論づけ、かねて取り沙汰されていた中国科学院武漢ウイルス研究所からの流出説に否定的な見方を示している。バイデン氏は流出説も否定できないとみて調査に非協力的な中国への圧力を強めたが、協力を得るのは極めて難しい。

ホワイトハウスの声明によると、バイデン氏は5月に発生源に関して情報機関から報告を受けた。報告は動物感染または研究所の事故のいずれかの可能性が高いとしながらも「自信はほとんど、あるいはあまりない」と説明し、その理由をどちらかに結論づけるには情報が十分ではないと指摘した。

バイデン氏は情報機関への指示で、中国にも具体的な質問を投げかけるよう求めた。「米国は友好国と連携し、中国に関係するデータと証拠へのアクセスを認め、国際調査に参加するよう求める」と表明した。ジャンピエール米大統領副報道官は26日の記者会見で「中国はもっと透明性を高めなければいけない」と述べた。

24日に始まったWHO総会で、米国は日欧とともに発生源の再調査を呼びかけている。バイデン氏の指示はこれにあわせ、実態解明に向けた国際社会の対中圧力を強める狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン