/

この記事は会員限定です

「多くの国で景気後退も」 世銀総裁、途上国経済を懸念

[有料会員限定]

【ワシントン=高見浩輔】世界銀行のマルパス総裁は26日、世界的に続く高いインフレと利上げによって「いくつかの、あるいは多くの国が景気後退に陥るだろう」と述べた。主に途上国経済を念頭においたもので、解決への糸口が見えない債務問題にも危機感を表明した。

首都ワシントンで開いたイベントで、マルパス総裁は「グローバルシステムは途上国を置き去りにしている」と強調した。たとえばロシアによるウクライナ侵攻を受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン