/

バイデン氏、NATO事務総長と電話 集団防衛を確認

(更新)
バイデン米大統領は米欧関係の修復を目指している=AP

【ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は26日、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と電話し、集団的自衛権の行使を定めた北大西洋条約第5条を確認した。アフガニスタンやロシアをめぐる政策でも協調していく方針を伝えた。

条約第5条は加盟国が攻撃を受けた場合に全加盟国が反撃すると定め、NATOの根幹となる原則だ。バイデン氏は大統領就任から早々に5条を確認し、米欧同盟の再構築に向けて取り組む姿勢をアピールした。

トランプ前大統領は5条を順守する立場を表明したことはあったが、国防費支出が少ない国を防衛しなかったり、NATOを離脱したりする考えも示唆。NATOが最大の脅威とみなすロシアと緊密な関係を目指したことから、欧州にはトランプ政権が有事の際に集団防衛の原則を履行しないとの不安が広がった。

まるわかりバイデン政権始動

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン