/

仏ルーヴル美術館が無料公開 全作品の画像やデータ

【パリ=共同】パリのルーヴル美術館は26日、所蔵する全作品の画像や制作に関するデータなどを無料で公開する新たなウェブサイトを設けたと発表した。全作品の約4分の3に当たる約48万2千点が公開されており、数年以内に網羅するよう目指す。

ルーヴル美術館は新たなサイトができるまで、レオナルド・ダビンチの「モナリザ」など館内に展示されている作品約3万点を集めたデータベースを公開していた。収蔵庫や付属のドラクロワ美術館などを含めた全作品を対象とするのは初めて。所蔵作品のウェブ公開は世界各地の美術館で進んでいる。

ジャンリュック・マルティネズ館長はオンライン記者会見で、新型コロナウイルスの流行で閉館を強いられている状況を踏まえ「長年準備してきた計画が良い時に実現した。一般市民から研究者まで全員に役立つことが目的だ」と述べた。

作品画像のダウンロードが可能で、学術目的や個人の会員制交流サイト(SNS)掲載などに無料で使用できる。サイトのアドレスはhttps://collections.louvre.fr/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン