/

この記事は会員限定です

米国でブラックフライデー 人出回復、消費意欲高く

(更新) [有料会員限定]

米国で恒例の大規模セール「ブラックフライデー」が26日に始まり、年末商戦が本番を迎えた。昨年に比べ人出の回復が鮮明で、外出機会の増加を受け衣料品や化粧品への消費が活発だ。一部の店舗では品不足で空き棚も目立つなど、物流混乱の爪痕もみられた。

ニューヨーク中心部の百貨店メーシーズ。雨模様にもかかわらず早朝から約100人が列をなし、午前6時の開店と同時に店内に駆け込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で昨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン