/

この記事は会員限定です

出社再開か在宅併用か 米企業「コロナ後」の働き方模索

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=白岩ひおな】米企業が「コロナ後」をにらみ新たな働き方を探り始めた。マイクロソフトは出社と在宅を併用するハイブリッド方式を採用する一方、ツイッターは社員が望めば恒久的に在宅勤務を認める方針だ。新型コロナウイルスのまん延は、出張や会議のあり方も含め働き方や社員の意識をがらりと変えた。「職場に人が集まる価値はあるのか」――。企業はそんな問いに向き合いながら、それぞれの解を模索する。

マイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン