/

この記事は会員限定です

米国でアジア系への差別深刻に、コロナの長期化で

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=山内菜穂子】米国で新型コロナウイルスが最初に広がった中国などアジア系住民への差別が深刻化している。背景には長引くコロナ禍による雇用の悪化や行動制限などによるストレスの高まりなどが指摘される。相次ぐアジア系への憎悪犯罪(ヘイトクライム)を止めようと各地やSNS(交流サイト)で様々な動きが広がっている。

「この男を見つけて」SNSで拡散

「私の友達のお母さんが殴られた。お願い、この男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン