/

3月の米新築住宅販売8.6%減 ローン金利急上昇で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が26日発表した3月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は76万3000戸で前月から8.6%減った。3カ月連続の減少で、住宅ローン金利の急上昇により販売にブレーキがかかり始めた。前年同月比では12.6%減少した。

販売件数は、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(77万戸程度)を下回った。販売価格(中央値)は43万6700ドル(約5600万円)で前年同月比21.4%値上がりした。資材・人件費の高騰と物件不足で強い価格上昇が続いた。

新型コロナウイルス感染拡大で、在宅勤務のしやすい郊外の戸建て住宅への需要が急増し、住宅市場は力強い拡大が続いていた。しかし、米連邦準備理事会(FRB)が3月にインフレ抑制のため政策金利の引き上げに踏み切ると長期金利が上昇。それに伴い住宅ローン金利も上昇し始めた。

米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)によると、1月上旬に3.22%(週平均)だった30年固定金利は4月15~21日の週に5.11%へ上昇し、約12年ぶりの高さとなった。ローン金利上昇で住宅購入をあきらめる人が増え、需要は冷え始めている。3月の中古住宅販売件数は1年9カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。

住宅市場の先行指標である住宅ローン申請件数も急減している。経済調査会社パンセオン・マクロエコノミクスのイアン・シェファードソン氏は、新築住宅販売はさらに減り続けると予測する。住宅市場の減速がFRBの金融政策に対する市場予想に影響することは短期的にはないと見るが「急激な落ち込みが続くと0.5%幅の利上げ継続に異論がでる可能性がある」とも指摘した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン