/

米、他国にワクチン提供へ アストラゼネカ製6000万回分

(更新)
英アストラゼネカのワクチンは米国内ではまだ使われていない=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】サキ米大統領報道官は26日、米国が確保した英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、他国への提供を検討していると明らかにした。他社のワクチンを十分に確保できているため、約6000万回分を分ける。

サキ氏によると、米食品医薬品局(FDA)が同意すれば数週間以内に1000万回分を放出する。さらに5~6月にかけて5000万回分を供給することを検討中だという。提供先の国は明らかにしていないが、感染者の多い途上国を念頭に置く。

米政府はアストラ製のワクチンを調達しているが、FDAが承認していないため国内では使われていない。同社製ワクチンを使う他国から、未使用分を放出するよう要請されていた。

これまで米政府はカナダとメキシコに400万回分を貸し出す方針を表明済みだ。

バイデン政権は米国内でのワクチン接種を優先するため、他国にワクチンを提供するのに慎重な姿勢を貫いている。ファイザーなど承認済みのワクチンだけで、5月末までにすべての成人に供給できる量を確保している。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン