/

米、5~11歳のファイザー製接種許可へ 欧米主要国初

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=野村優子】米食品医薬品局(FDA)は26日、米ファイザー製新型コロナウイルスワクチンの5~11歳向け使用を審議する第三者委員会を開き、接種を推奨した。FDAはこれを踏まえて、数日以内に緊急使用の承認を最終判断する。承認されれば、同年齢へのコロナワクチン接種は欧米主要国で初となり、子どもの幅広い免疫獲得に向けて大きく前進する。

外部有識者が参加する第三者委が投票し、賛成多数で推奨を支持した。5~11歳へのファイザー製ワクチンの接種は、利益がリスクを上回ると判断した。同年齢が米人口に占める割合は9%で、2800万人以上となる。

12歳以上向けに投与する量の3分の1にあたる10マイクロ(マイクロは100万分の1)グラムを、3週間の間隔をあけて2回接種する。ファイザーが約2250人を対象に実施した臨床試験(治験)では、感染に対する予防効果は90.7%だった。主な副作用は、注射部位の痛みや倦怠(けんたい)感、頭痛などで、安全性の懸念は確認されていない。

ファイザー製は現在、米国で12歳以上を対象に接種が認められている。9月末からは、65歳以上や重症化リスクの高い人への3回目の追加接種(ブースター接種)も始まった。米疾病対策センター(CDC)によると、これまでに2億4千万回以上と、米国で最も接種されているワクチンだ。

接種を開始するためには、FDAの承認とCDCの勧告が必要となる。CDCは11月2~3日に5~11歳への接種の勧告について協議する予定だ。正式に勧告されれば、11月上旬にも接種が始まる。

子ども向けワクチンを巡っては、米バイオ製薬モデルナが25日、6~11歳向けについて、治験で有効性が確認できたと発表した。近くFDAに治験データを提出する見通しだ。モデルナ製ワクチンは米国で18歳以上を対象に接種が認められている。

日本ではファイザー製とモデルナ製のワクチンを12歳以上を対象に接種している。米国で5~11歳向けの接種が始まれば、日本でも小児接種拡大の検討が本格化しそうだ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン